AKBよりももクロが上

日経エンタテインメント!では2014年に開催済みのライブと、年末までのスケジュールが発表済みのライブ(9月下旬時点)の会場収容人数を合計して、2014年中のアーティスト別の年間ライブ動員数を独自データとして算出した。

各会場のチケットが完売したと仮定しているため、実際の「動員実数」とは異なるものの、公演数・会場の規模からアーティストのライブ動員力を推し量る指標となっている。
時代の変化とともに音楽配信やYouTubeなどの出現で、CDのヒットチャートだけでは人気を測ることが難しくなってきている昨今。「ライブにどれだけの数の観客を集めているのか」という視点から、アーティストの真の実力と人気に迫った。

■ジャニーズ、LDH、K-POP…トップ10で存在感を増す3大勢力

動員数ランキング全体を見ると、近年の流れとして上位陣はドームやアリーナといった大規模会場を主戦場とすることで、動員数を伸ばす傾向が続いている。トップ10ではジャニーズが4組を占め、続いてEXILE TRIBEが所属する事務所LDHから2組、K‐POPグループが2組と続き、この3大勢力の強さを示している。ソロアーティストで唯一ランクインしたのは福山雅治。女性陣の中でトップを飾ったのはももいろクローバーZであった。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79804640X11C14A1000000/

この記事へのコメント