富士通元人事「大企業で働きたい人へ。入社したいなら絶対に途中で転職したり空白を作らないで下さい」

キャリアに一貫性が必要な理由

日本企業の正社員で一般的な賃金制度は職能給と呼ばれるもので、「担当している仕事内容によって賃金が決まる職務給」とは異なり、個人の能力に対して賃金が支払われる仕組みです。そして、その能力なるものは勤続年数に応じて伸びるものだと考えられているため、基本的に年功序列的に上昇していくことになります。実質的な年功給ですね。

さて、この仕組みの下では、人は誰でも年齢にふさわしい職歴を積んでいる必要があります。
年の割に「経験が浅い」とか「寄り道している」という人間はそれだけで悪とみなされます。
だって、年齢である程度、お給料の水準が決まるルールですからね。
35歳なのに「30歳でジョブチェンジしちゃったから今の職歴は実質5年未満」なんて人は、採用担当から見ればもうそれだけで極悪なわけです。

ついでに言うと、同じロジックは休職経験者や博士課程修了者や35歳オーバー求職者にもあてはまるわけです。
女性は出産育児を機に退職するとなかなか退職前のキャリア水準には戻れない→出生率低下、年喰ってるポスドク→高学歴フリーター、35歳転職限界説→中高年は必死に会社にしがみつくorリストラされたら自殺率高い、なんて諸問題も、根っこは同じわけです。

これが、企業人事や転職コンサルが「キャリアには一貫性が必要だ」と口を酸っぱくして言う理由ですね。
フォローすると、すべての日本企業がキャリアに厳密に一貫性を求めているわけではありません。
たとえば、ファミレスの前においてあるような無料求人誌を開けば「やりがいのある職場!未経験者歓迎!」「ゼロから懇切丁寧に指導します!」的な文字が躍る暑苦しい求人がいっぱい掲載されているでしょ?

この記事へのコメント