韓国「助けて!輸出産業が!中小企業が!日本製に駆逐される!」教授「為替によるショックはこれから」

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
韓国製よりも安い日本製出現に韓国輸出企業が悲鳴 韓国主力輸出産業に円安直撃、中小企業は崖っぷち■中小企業の苦境

中堅・中小企業はさらに状況が深刻だ。円安で韓国製品が日本製品より割高になる逆転現象が起き、多くの企業が輸出中断に直面している。ある繊維業界関係者は「防寒ジャケット1キログラム当たりの価格は韓国製が24.3ドルなのに対し、日本製は23.3ドルだ。日本製が韓国製よりも安いという状況は想像もできなかったことだ」と話した。

船舶用エンジン部品を日本に輸出する全羅北道の企業は「日本の造船会社は
3年前に1キログラム当たり2ドルだった納品価格を今年初めに1.7ドルに引き下げた。
今は1.3ドルまで値下げしないと取引を打ち切ると言ってきている」と説明した。
バルブを輸出する別の企業は今年、対日輸出単価を7-10%引き下げた。円安による為替損失分をまるごと吸収した格好だ。
同社関係者は「円安が続けば、来年には輸出を取りやめる」と語った。

為替要因による競争力低下が長期的に韓国企業に対する致命打になるという分析も聞かれる。
現代自グループは最近の内部リポートで、トヨタの昨年の営業利益増加分2000億円のうち、為替差益は1750億円を占めると試算した。トヨタは利益を過去最大規模の研究開発につぎ込んでいる。

建国大のオ・ジョングン特任教授は「日本と欧州の企業は為替差益を研究開発とマーケティングに本格投入し始める。
為替によるショックはこれから始まると見るべきだ」と警告した。 李仁烈(イ・インヨル)記者ソースより抜粋 詳細はソースで
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/06/2015060600379.html

この記事へのコメント