【速報】小泉純一郎元首相が激怒「地震と火山の日本で原発をやってはいけないのです」

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
小泉純一郎元首相(73)が4日、鹿児島市内のホテルで講演会を行った。
8月中旬とされる川内原発の再稼働を控え、改めて「反原発」を猛アピール。
特に、口永良部島をはじめとした活発化する火山活動を憂慮し、こう語気を強めた。

「ここ最近、想定外の噴火が頻発している。特に、口永良部島の噴火が大きい。九州には阿蘇もあるし桜島もある。
地震もこの10年間、マグニチュード7クラスが5回も起きている。『地震国・日本』に加え、火山もいつ噴火するのか分かりません。日本は原発をやってはいけない国なのです」

桜島、霧島連山が噴火し、火砕流が川内原発に到達すれば壊滅的な事故が予想される。
それに対し、原子力規制委が「予知できるので問題ない」と判断を下した。このことについて質問が出ると小泉元首相はこう言った。

「政府は規制委の判断に基づき『安全だから再稼働』と言っているが、先日、規制委員長は『安全とは申し上げられない』と発言した。国民も迷うだろうし、私自身も全く理解できない」

これがまっとうな感覚というべきだろう。それでなくても、日本列島は今や、火薬庫のような状況だ。
昨年9月に57人の死者を出した御嶽山だけでなく、神奈川県・箱根山や福島県・吾妻山、宮城、山形県境の蔵王山も相次いで噴火レベルが引き上げられている。

火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は日経新聞紙上で、3・11が火山の活発化に影響を与えたと推察し、「今後100年間に数回またはそれ以上の大きな噴火が起きるだろう」
と話している。

日刊ゲンダイ[2015年6月6日]
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160495
「反原発」を猛アピールした小泉純一郎元首相

【速報】小泉純一郎元首相が激怒「地震と火山の日本で原発をやってはいけないのです」

この記事へのコメント