なぜ、若者は旅行をしないのか?理由が判明 旅行=リスクがある、危険 特に男ほど旅行しない傾向

今、日本人(特に男性)は国外旅行に出ないと言われています。なぜ日本人は国外旅行に行かないのでしょうか?
今回私は、大学の友人達から様々な話を聞いて若者目線の意見を集め、考察してみることにしました。

今回意見を集めてみるまで、近頃の大学生は海外への関心が高く、強い憧れを持って海外旅行をしたいと思っている人が多いのではないかと考えていました。しかし、現実には「まぁいつか海外には行きたいけど今はまだいいかな」、「うーん、あんまり興味はないかな」という人がほとんどだったのです...!その理由を聞いてみると「最近海外では日本人が巻き込まれる事故が多いし、観光地でもテロが起こってるし...」、「根本的に海外へ行くメリットってなんだろう?」などという意見が多数を占めていました。女性からは「おしゃれだから行ってみたい」「ビーチに行きたい」などの意見もありましたが、やはり安全面を懸念する声は少なくありませんでした。

これらの意見を聞いて、国外旅行によく行くような人々は、きっとこのようなことはあまり考えずに飛び出していくんだろうなと感じました。行きたいと答えた人からは「日本だけじゃなく海外の空気を味わってみたい」「日本との違いをこの目で見たい」「何となく行ってみたい」といった意見が多く寄せられました。

私もどちらかというと行きたい側なので、独特な空気感の違いやその国々の生活様式を味わいたいと思っています。個人的な考えですが、もし旅をすることでプラスの面が大きいのならば、国や地方自治体、各種教育機関で海外へ行くことの楽しみや何が学べるのかということを教えるべきだと思います。
なぜなら海外に関して知らないことのほうがまだまだ多く、人によっては未知の世界だと思っていることもあり、自分が動かなければ開かないドアであるからです。また、安全面への懸念以外にも、実際問題として金銭面や、言語の不安など、その他にも様々な弊害はあるのだと思います。
http://www.huffingtonpost.jp/triport/trip-young-away_b_7466306.html

この記事へのコメント