【速報】世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で安倍晋三官邸に焦り

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
安保法案の成立を確信していた安倍自民党が焦りだしている。
憲法学者3人が「憲法違反」と揃って明言したことで、世論のムードが一変してきたからだ。
「自衛隊員のリスク」や「事態の具体的要件」といった各論ばかりで、チンプンカンプンだった国民も、「そもそも違憲の法律を作っていいのか」という本質に気づき始めた。
国民をケムに巻いて、数の力で押し切ろうとした安倍シナリオが狂ってきた。

この週末、安保法案に対する批判が各地で一気に広がった。

6日、都内で開かれた「立憲主義の危機」シンポジウムは700人収容の会場から人があふれ、1400人が詰めかけた。
7日に大阪弁護士会が開いた野外集会には4000人が参加、「集団的自衛権はアカン」と訴えた。

一方、自民党も7日、国民の法案への理解を深めようと谷垣幹事長が都内で街頭演説したが、「戦争反対」「帰れ」の怒号に演説がかき消される事態に。

衆院での法案審議のスケジュールも自民のもくろみから大きくズレ始めている。
当初は週3回、1日7時間の審議で6月第3週までには80時間を超える計算だった。
ところが、安倍首相のヤジや閣僚の曖昧答弁、委員長の強行運営に野党が反発。
委員会が空転したうえ、8日も開けず、安倍官邸が想定していた今月24日までの会期内の衆院通過は絶望的だ。

会期延長は既定路線だが、とうとう自民党内からは
「6月中に衆院を通過させられなければ、法案成立は危うくなる」(ベテラン議員)という声まで出始めた。

日刊ゲンダイ[2015年6月9日]
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160573
剛腕・小沢一郎氏も動きだした

【速報】世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で安倍晋三官邸に焦り

この記事へのコメント