韓国人「裏切られた感じ…」 フランダースの犬やナディアが日本のアニメと知りショックを受ける

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
韓国のネット掲示版に「最近ショックを受けたこと」というスレッドが立った。
日本のアニメに関する話題が書き込まれている。その内容は以下のようなものだ。

「小さい頃、たくさんのアニメを見て育った。『トム・ソーヤの冒険』『シンドバッドの冒険』『フランダースの犬』『太陽の子エステバン』など、どれも本当に面白かった。特に『ふしぎの海のナディア』が大好きだった。
あの大きな世界観に魅了された。聖書や神話などいろんな要素が入っていて、何度見ても飽きなかった。
ヨーロッパでもこれらのアニメは大変人気だったと聞いている。

それが、最近になって知ったことだが、これらが全部日本のアニメだった。日本のアニメは、アトムやガンダムのようなロボットアニメばかりだと思っていた。
まさか、西洋を舞台にした作品まで作っていたなんて、正直、ショックを受けた。何で日本が、西洋の物語や西洋を舞台にしたアニメを作ってきたのだろう?日本は完全にアニメでアジアの精神的な部分を支配している。数々の外国の童話を日本風に脚色して子供たちに見せ、現代においては、やはり『妖怪ウォッチ』のようなアニメを通して、徐々に日本文化を浸透させている。ともかくショックだし、すごいと思った」このスレッドに対し、韓国のネットユーザーからも様々な意見が寄せられている。

「ナディアは私も見た。最高の作品」
「希望で輝かしい未来。昔の日本のアニメにはそれがあった」
「日本がヨーロッパを背景にしたアニメをたくさん作る背景には、ヨーロッパへのあこがれがある」「宮崎駿監督の作品はほとんどがヨーロッパが背景」
「『フランダースの犬』が日本のアニメだったとは・・・なんか裏切られた感じ」「小さい頃、小学校でクラスの一人が、全部日本のアニメだと主張して、みんなからウソつきだと言われ、ぼこぼこにされたことがあった」「70年~90年代にテレビで放送されたアニメのほとんどが日本の作品。ガッチャマン、ハイジ、未来少年コナン、銀河鉄道999など」「『フランダースの犬』のアニメは日本が作ったけど、原作はベルギー」
「日本がアニメにしたから、世界的に有名になった作品も多い」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/420191/

この記事へのコメント