大阪の名物串カツ店「松葉」、期限を迎えた本日あらためて「徹底的に戦います!」と立ち退きを拒否

立ち退き拒否で11日以降も営業へ 大阪名物立ち食い串カツ店

デイリースポーツ 6月10日(水)17時14分配信

大阪・梅田の地下街で昭和24年から営業してきた名物立ち食い串カツ店「松葉」など5店舗に対し、大阪市が市の道路を不法占拠しているとして立ち退きを求めている件で、市側が設定した期限を迎えた10日、同店などは通常通りに営業を行った。
「松葉」は11日以降も営業を継続する方針を明らかにした。

この日は、立ち退き問題で注目される同店では、昼間から来客が行列を作り、通行人が写真を撮る姿もみられた。
同店側は「今後も営業する予定です。できるところまで続けたい」とした。

2月の橋下徹市長が行った説明によると、市は「松葉」に対し、戦後間もない時期から1年更新で道路占用許可を与えて営業を認めてきた。
しかし、近隣の阪神百貨店の建て替えに伴い、市は地下道の拡張工事を行うため、昨年9月末に事前に申し入れを行ったうえで約20店舗の占用許可を打ち切ったが、同店など5店舗が立ち退かなかったため、今月8日に立ち退きを求める命令書を交付していた。
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

橋下市長は、長年にわたって営業を続けてきた名物店をとりまく状況に理解を示しながらも「賃貸借契約なら勝手に立ち退きを求めるわけにいかないが、道路占用許可は公益の理由が出た場合は許可できなくなる」と説明。
占有料が近隣の賃貸料相場の「9分の1か、8分の1」であると明らかにし
「いつ取り消されるかもしれない不安定な状況なので、通常と違う占有料が設定されていることをご理解いただきたい」「何とか話し合いで解決したい」と求めていた。

ただ、この日、同じく立ち退きを求められている店舗でも「不法占拠状態ではありません」「徹底的に戦っていく決意であります」と記載された張り紙が掲示されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000062-dal-ent
大阪市が設定した立ち退き期限の10日も通常通りの営業が行われた串カツ店「松葉」
大阪の名物串カツ店「松葉」、期限を迎えた本日あらためて「徹底的に戦います!」と立ち退きを拒否

この記事へのコメント