自民・稲田「安全保障は国会と内閣に任されている。国会で違憲か否かの議論を続けるのに意味ない」←?

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
違憲か否かの議論継続「意味無いのかなと思う」 稲田氏
2015年6月11日17時11分

■稲田朋美・自民党政調会長

唯一、憲法9条について判示したのは後にも先にも砂川判決のみ。判決の中の、日本の存立が脅かされているときには、自衛権は行使できる。その中に個別か集団的かの区別はないし、一見明白に違憲というとき以外は、日本の存立にかかる安全保障については、国会と内閣に任されていると最高裁自身が判示している。その意味からは、憲法に違反するかどうかという議論を、これ以上続けていくことには、そんなに意味が無いのかなと思う。

平和安全法制は集団的自衛権の問題だけでは無くて、様々な後方支援やグレーゾーンの問題とか、PKO、様々な観点がある。そういった議論を深めていくことが、国権の最高機関としての国会の責務だろうと思う。
http://www.asahi.com/articles/ASH6C5H22H6CUTFK00J.html

この記事へのコメント