韓国紙「日本のランドセルを見ると軍国主義が目に浮かび非常に不快になる」

不倫について調べてみた
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
日本初代総理であった伊藤博文は1887年当時、小学生だった王世子にカバンを一つをプレゼントした。
帝国主義日本の陸軍歩兵が担いだカバンをまねたランドセルだった。その王世子は20年余りの後、大正日王(在位1912~1926年)になった。
ランドセルの由来は日本軍国主義精神を小学生に教えることにあったわけだ。

日本のあるバラエティーショーで革製の頑丈なランドセルの横についた履き物袋用の輪は本来、手榴弾をつけるためのものだったと説明した。
2015年も日本の小学生たちはランドセルを背負って学校に通う。
ランドセルを背負った日本の子供たちを見るたびに軍国主義が目に浮かんで非常に不快になる。

この様なランドセルがSKテレコムのテレビ広告(CF)に登場した。
SKテレコムは子供たちが手首に着ける小型スマートフォンのキッズフォンを宣伝するテレビ広告に子役俳優がランドセルを負って出てくる場面を入れた。
ランドセルを広告に入れた理由は単純だ。ランドセルがこの頃、小学生の間で最も人気があるアイテムだと判断し、そのイメージをキッズフォンに重ねる意図だ。SKテレコムのキッズフォンは教育熱が高い地域の母親たちによく売れる人気商品になった。

私たちの人生のそばにはまだこのような私たちが知らない日本軍国主義の残滓が残っている。
SKテレコムがランドセルの由来を知っていたら、テレビ画面に日本軍国主義の象徴物を取り上げはしないだろう。

二カ月後は光復70周年だ。日本と彼らの軍国主義について、私たちが何を知らずにいるのか一度くらい考えてみてはどうだろうか。
例えば第二次大戦のA級戦犯で死刑にされた東條英機元総理は日本の法律では「戦犯」に分類されないという事実のような話もだ。

[記者の見解]私たちのそばの日本軍国主義残滓(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=004&oid=023&aid=0002987995

この記事へのコメント