他人の無線LANただ乗りして電波法違反容疑で男逮捕 警視庁

時事ドットコム:他人の無線LAN「ただ乗り」=電波法違反容疑で男逮捕-警視庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015061200244
他人の家で使われている無線LANに不正に接続し、「ただ乗り」したとして、警視庁サイバー犯罪対策課と愛媛県警は12日までに、電波法違反容疑で、松山市和泉南の無職藤田浩史容疑者(30)=不正アクセス禁止法違反罪などで公判中=を再逮捕した。警視庁によると、他人の無線LANへの「ただ乗り」行為が立件されるのは全国で初めて。同課によると藤田容疑者は「自分の家の無線LANに接続したつもりだった」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は2014年6月11日、無免許で高出力の無線LAN接続機器を自宅に設置して無線局を開設し、近所の男性宅の無線LANのデータを傍受。パスワードを特定して、男性宅の無線LANネットワークに不正接続した疑い。
 同課によると、ただ乗りするために必要な無線LANのパスワードは、インターネットや雑誌の付録から入手できるソフトを使って特定していたとされる。

この記事へのコメント