「酒鬼薔薇の手記」に対して、遺族が抗議文を発表 「許そうとした気持ちが踏みにじられ精神的に苦痛」

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、加害男性(32)が手記「絶歌(ぜっか)」を出版したことを受け、小学6年の土師(はせ)淳君=当時(11)=を殺害された父親の守さん(59)と代理人弁護士が発行元の太田出版(東京都)に抗議文を送ったことが分かった。手記の速やかな回収を求めている。送付は12日付。

抗議文では、手記の出版について
「突然報道で知らされ、唖(あ)然とした」「多大な衝撃を受けており、いたたまれない気持ち」とした上で、加害男性について「これまでの謝罪の手紙は何だったのか?」「心からの謝罪だったとは到底思えなくなった」と不信感をあらわにし、「(事件から)18年もたって今更、事件の経緯、特に淳への冒涜(ぼうとく)的行為を公表する必要があったとは思えない。
むしろ、自己を正当化しているように思える」と強く非難。

太田出版に対しては
「貴社の出版行為によって事件があらためて社会の耳目を引くことになり、また淳への残忍な行為が広く社会に知られることとなった」とし、同社の担当者が報道で「批判はあるだろうが」「反発やおしかりも覚悟している」などと発言したことについて「遺族の二次被害について検討した形跡が全くなく、むしろ二次被害もやむを得ないと考えているようで、極めて配慮を欠き悪質」と指摘している。

さらに「加害者側がその事件について手記などを出版する場合には被害者側に配慮すべきであり、被害者の承諾を得るべきだ。
出版・表現の自由は無制約のものではなく、他者の権利・利益を侵害することは許されない」と強く抗議している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000007-kobenext-soci

この記事へのコメント