串カツ松葉「店が無くなると職を失った従業員が路頭に迷う。大阪市は酷い」 

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
串カツ60年:地下道に「大阪の味」強制撤去前に長蛇の列

公共の地下道で、なぜ長年営業が認められてきたのか。その歴史は終戦直後にさかのぼる。
大阪市建設局によると、大阪駅前地下道は戦時中、空襲で家を失った人たちが住まい代わりにしていた。
終戦後は闇市が地下道やその周辺に立ち並び、環境が悪化。悪質業者を排除するため、市は「営業させてもよい」と判断した店にのみ、道路占用許可を出した。こうした店の一つが松葉だった。

戦後の混乱期が終わっても、現代までその制度は維持された。
昨年1月時点で古書店や薬局など21店が営業していたが、市は昨年9月に許可を打ち切った。
きっかけは、阪神百貨店の建て替え工事。阪神側が社会貢献の一環として、地下道の拡幅も請け負う計画を立てた。
道路管理者の市も同意し、「安全確保」を理由に全店を立ち退かせることを決めた。

阪神側が近隣に移転地を用意したこともあり、大半の店舗は立ち退いた。
だが、松葉など5店舗は営業を続けたため、市は今月8日に退去命令を出した。11日には行政代執行法に基づく戒告書を交付した。
松葉側も今年4月、許可打ち切り処分の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。
退去命令についても取り消しを求めて提訴すると同時に、執行停止を申し立てている。
仮に地裁が執行停止を認める決定を出すと、市の代執行手続きはストップする。

橋下徹市長は、借り主の権利が保護される賃貸借契約ではない点を強調。
占用料も1平方メートル当たり年約2万6000円(昨年度)で格安だとし、「破格の値段で一等地を使わせるわけにはいかない」と話す。

松葉側は訴状などで「一方的に決められた計画。店を失うと従業員が職を失い、路頭に迷う」と訴えている。
http://mainichi.jp/select/news/20150612k0000e040251000c.html

この記事へのコメント