【速報】 タカタ製エアバッグの7人目の死者 ホンダ・シビックで金属片が飛び散り頸動脈切断 

タカタ製エアバッグ、米で7人目死者か リコール対象車

米南部ルイジアナ州で4月上旬、ホンダ車を運転していた女性が死亡した衝突事故があり、ホンダは12日、同車に搭載されていたタカタ製のエアバッグが異常な破裂をしていたことが確認された、と発表した。

米国のメディアによると、タカタ製のエアバッグが原因となった死者数はこれで7人目だという。

ホンダの発表などによると、この女性は4月5日、2005年型のシビックを運転していた。
衝突事故でエアバッグが異常破裂して金属片が飛び散り、女性の首を傷つけたことが死亡の原因になったとみられる。
同車はリコール(回収・無償修理)の対象だったが、修理はされていなかった。女性は事故の数日後に亡くなったという。
http://www.asahi.com/articles/ASH6F43L9H6FUHBI010.html

この記事へのコメント