女子生徒にエロメール送って懲戒解雇された教師が免職撤回裁判 女子生徒が証言「辞めさせないで」


都立高校教員Aさん免職撤回裁判の第4回弁論・証人調べが、6月11日東京地裁で行われ、40名以上の支援者が着席、傍聴席はいっぱいとなった。(民事第36部 吉田徹裁判長)*Aさんが免職とされた経過
Aさんは、都立高校に採用5年目のまだ若い教員だ。Aさんは、不適切なメールを自分が担任していた女子生徒に多数送ったとして、昨年7月いきなり懲戒免職処分を蒙った。メールには、「大好きだよ」「ずっと抱きしめていたい」といった内容のものも含まれていた。確かにそこには思慮が足らなかった点はあった(この点は、Aさん本人も認めている)。しかしその女子生徒がきわめて厳しい家庭環境に置かれていたという背景を考慮せずに、このメールの評価はありえないのである。
この女子生徒の家庭はきわめて複雑で、女子生徒は高校入学時から幼い兄弟の面倒を見させられ、家では勉強もできず親に高校もやめさせられそうな状況だった。その女子生徒が信頼を寄せたのが担任であったAさんであり、自ずとメールを通じたAさんへの精神的要求の度合いは高まっていった。そのような事態の中でAさんが、誠心誠意女子生徒に関わろうとしたことはまぎれもない事実である。その後女子生徒は高校を卒業し、今は親からの精神的苦痛から逃れるために「シェルター」に避難し、現在は自立し仕事をしている。
都教委は、女子生徒には1回も事情聴取をしていない。Aさんのみを悪者扱いにし、Aさんの言い分を全く聞かずにこの処分は強行された。今回は証人調べ、裁判の山場である。証人は、本件の事実関係の要となる女子生徒、Aさんを解雇に追い込んだ張本人東京都教育委員会人事部職員課のG氏、Aさん本人の3人である。

この記事へのコメント