BOOWYが日本のロックの常識を覆したってマジ?

日本のロックの常識を覆した歴史的名盤、BOOWYのサード・アルバム「BOOWY」から30年。
現在の新たな音楽マーケット、音楽を聴く新しいスタイルに適応すべく、30年を契機として新たなハイエンド・フォーマット、高音質フォーマットでリリースされることが決定した。

TED JENSEN(NY Sterling Sound)によるオリジナル・マスターからの最新型リマスタリングを施し、BOOWYファンから広くロックファン~オーディオ・マニアまで満足できる、最高のサウンドとなってこのマスターピースが甦る。

ボーナストラックとして、同じく’85年にベルリンでレコーディングされた「“16”」を収録し『+1』としてリイシューされる。(LPを除く)リリース情報
2015年6月24日 ハイレゾ配信「BOOWY+1」(価格は各配信サイトに準ずる)(192K / 24bit)2015年8月5日 Blu-ray Audio「BOOWY+1」 3,800円(税抜)(192K / 24bit)UPXY-40012015年8月5日 UHQ-CD「BOOWY+1」 2,500円(税抜)UPCY-70372015年8月26日 重量盤(180g)LP「BOOWY」 3,500円(税抜)UPJY-9015UHQCD(Ultimate High Quality CD)…最新の高音質CD。通常のプレーヤーで再生可能。

収録内容(全10曲+1曲)
M.01 DREAMIN’
M.02 黒のラプソディー
M.03 BABY ACTION
M.04 唇にジェラシー
M.05 ホンキー・トンキー・クレイジー
M.06 BAD FEELING
M.07 CHU-RU-LU
M.08 DANCE CRAZE
M.09 ハイウェイに乗る前に
M.10CLOUDY HEART
※BONUS TRACK:"16"(LPを除く)
http://yukan-news.ameba.jp/20150611-55/

この記事へのコメント