慶応大学教授「政治家とメディアの会食とか欧米ではありえないwコーヒー1杯が上限です」安倍「え?」

安倍政権と大メディアの癒着の象徴が、夜な夜な繰り返される高級レストランでの会食だ。
第2次内閣発足以来、報道で確認できるだけでも約60回も首相と大メディア幹部が夕食をともにしている。
会食のほとんどは都内の高級料理店での贅を尽くしたディナーだ。
鈴木秀美・慶応大学メディア・コミュニケーション研究所教授が語る。
「メディアの幹部たちが時の権力者とこぞって会食している事態は欧米では考えられません。
メディアは本来、市民のために権力を監視するのが使命で、権力と一定の距離を置くべきというのは、先進国では常識です。
メディア幹部らが首相と頻繁に会食することは、国民に癒着や裏取引を想像させるし、実際にそういうことが行なわれている可能性もあります」特に新聞業界は消費税の軽減税率適用を政府に陳情している。
その状況下で首相と会食すれば、軽減税率を得ることと引き換えに、政権におもねった報道をするという裏取引のためだと見られても仕方ない。
例えばアメリカなら、メディアの人間が政治家と会う時は、たとえ社長でも、あるいは相手が地方議員であっても「コーヒー1杯」が上限で、それ以上の飲食は「癒着」「ジャーナリズムの腐敗」と見なされる。
日本のメディアのお偉いさんたちは世界の非常識なのである。
http://www.news-postseven.com/archives/20150614_328057.html?PAGE=1#container

この記事へのコメント