舛添知事「今の日本は大日本帝国と同じ。不利な情報を隠し成功を約束。失敗しても誰も責任をとらない」

女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
【質疑応答】
--新国立競技場の計画変更について、知事との会談後、文部科学省が一部内容を修正した。修正の部分を含めて、どう思うか。

「後から訂正があったように、完全に屋根がないのではなくて、観客席は屋根があるけれども、真ん中のこの開閉式がないということだったという説明があったと思います。しかし、仮に開会式のとき、集中豪雨的な大雨が降ったときに、観客は雨が当たらなくても、行進してグラウンドの真ん中にいるアスリートどうするのですかと、私はすぐ思ったわけです。少なくともきちんと屋根がついた設計図で、出ている通りになるということを、国民の皆さんが期待していて、国民の税金で造るわけですから。そういう中でできないとなったときに、これは誰の責任なのですか。私が申し上げたのは、誰も責任をとらない体制、だから大日本帝国陸軍と同じだという批判を申し上げたのですが、誰も責任をとらない」

「工期の問題とお金の問題、おそらく、何千億もかけてやればできると思うのです。それは、突貫工事でも何でも。
そうするとこれはコストの問題があります。国民が負担しますから。最初、1500億円なんて数字が言われていたわけですから。
昨日の文部科学大臣のお話だとそういうコストの問題と、間に合わないということだったのですが、しかし、請け負ったとき、この設計図で建設するぞと決めたときから、きちんと計算して、その予定を立てていたのではないのですか。
どうもそういう点で合点がいかないけれど。『誰が責任者になるのですか、こういうことについては』ということを申し上げている。
こういう国家的な大事業をやるときは、国民皆の前に『開閉式というのはこれだけお金がかかって無理なのですよ、どうしましょうか皆さん』と聞けばいい。だけど、一切私もそういう話を聞いていません」

「結局は不利な情報は抑えている。『必ず成功する』『簡単にできますよ』みたいなことをずっと言ってきた。
内閣総理大臣に対してもそういう報告しか上がってきていませんでした。これは、私は確認しました。
できるだけの協力は申し上げています。都民だって協力します。だけど、前提となっていることについて、今まで説明を受けていない。

以下略
http://www.sankei.com/premium/news/150520/prm1505200008-n4.html

この記事へのコメント