【悲報】橋下徹「民主党は日本にいらない」クソワロタ

女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000034-jij-pol
維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は15日、自身のツイッターに、維新の今後について「民主党とは一線を画すべきだ。自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべきだ。
民主党とは決定的に違う」と書き込み、民主党との連携ではなく独自路線を歩むべきだとの考えを強調した。

橋下氏は民主党について「空理空論の夢物語だけでは行政運営はできない。
民主党という政党は日本の国にとって良くない。なぜなら政党の方向性が全く見えない」などと強く批判した。

安全保障関連法案に憲法学者から「違憲」との声が出ていることに関しては、「最後に責任を負うのは内閣であり、最高裁」と指摘。最高裁の砂川事件判決が「自衛は他衛。
他衛は自衛。国際情勢の中でどのような防衛レベルを採るかは内閣の政治行為」との見解を示しているとし、「憲法学者の意見よりも最高裁長官の意見の方が重い」と書き込んだ。

さらに、「自民、公明、維新、民主でそれぞれ憲法9条について改正案を作るべきだ。
国会議員やメディアが騒いでいるだけでは国の方向は決まらない。国民投票で決めるべきだ」と提案。
14日に安倍晋三首相と会談したことについては言及していない。

この記事へのコメント