マジで日本の方が民度低かった 中国の書店、日本の本は人気でも「ヘイト本」は見当たらず

女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
私が最初に同書店で「日本本」の多さに気づいたのは、2013年のこと。それまでも年に2~3回ほど北京や上海に取材に出かけていたが、ゆっくり書店を巡る時間がなかった。だが、その日は地方都市の詳細な地図を買い求めたくて、わざわざ大型書店に足を運んでみた。そして、思わず小さな声で叫んでしまった。
「上海の書店には、日本本があふれているじゃないか!!」と――。
1階の正面玄関を入ってすぐの「話題の本・ベストセラー本」というコーナーに、冒頭の本がズラリと並べられていたからだ。まさか、と思いつつ手に取ると、装丁などは多少異なっているが、正真正銘、日本の同名本の翻訳だった。ビニールでパックされていて開けられないものもあるが、開けられるものは中国人が熱心に立ち読みしているではないか。うれしくて、思わず「あの、私、日本人。それ、日本の本なんですけど……」と隣で日本本を読みふけっている中国人に声をかけてみたい衝動にかられた。
待ち合わせしていた中国人の友人がやって来たので、彼女に私のびっくり具合を説明すると、あきれた表情で「中島さんったら、今頃、何を言っているの。そんなのずっと以前からですよ。
中国人は以前から日本の本が大好きですよ」と教えてくれた。

しかし、多くの日本人にとって、この事実はちょっとした衝撃ではないか。
何しろ中国は反日国家であり、日本の書店では「反中・嫌中本」が山ほど売られているのだから。
逆に、あれだけ強硬な態度を取る中国なら、書店で日本以上に「反日本」が売られていてもおかしくない。いや、売られているはずだ……と勝手に想像して、一方的に中国人を毛嫌いしている人もいるかもしれない。
ところが、それは大いなる誤解である。上海だけでなく、いくつかの大都市にある書店を調べてみたが、中国の書店では、日本で見る本の逆バージョン、いわゆる「反日本・嫌日本」は見当たらない。
それどころか、日本でも人気の本があちこちに平積みされていて、人気を博しているのが“普通”なのだ。中国の書店に日本本はつきもの、といっても過言ではない。

全文
http://toyokeizai.net/articles/-/72968

この記事へのコメント