水谷豊の「相棒」が再び及川光博に?それとも織田裕二か反町隆史、仲間由紀恵か

“常勝”水谷豊(62)が正念場を迎えている。GW映画として公開された主演作「王妃の館」が見事にコケてしまったためだが、この影響で、秋スタートの「相棒season14」のキャスティングに影響が出ている。

水谷は「相棒 season14」で絶対に失敗できない。前作は平均視聴率17%以上を記録したが、それ以上が目標になる。その際に鍵を握るのは新相棒の存在。前作で相棒役の成宮寛貴が逮捕され、次はだれかと話題である。

「これまで織田裕二から反町隆史らの名前まで取りざたされました。最新の名前は『相棒』に出演して“伏線作りか”といわれた仲間由紀恵や2代目相棒だった及川光博です。
とくに及川はseason7からseason10まで出演し、成宮に交代した後も昨年の劇場版映画で“完全復活”するなど、水谷の覚えもめでたい。しかも、season9はシリーズ最高の20%を超える平均視聴率を叩き出し、実績があります。背水の陣の水谷にとって、ミッチーは頼もしい存在です」(テレビ関係者)ただ、及川は来年の大河ドラマ「真田丸」の出演オファーもあるといわれ、スケジュール調整で難航しているとも。

映画に手を出さなければ、こんなピンチを迎えることもなかった。水谷は“出戻り”ミッチーで“汚名返上”のチャンスを掴むことができるか。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/160747
水谷豊の「相棒」が再び及川光博に?それとも織田裕二か反町隆史、仲間由紀恵か

この記事へのコメント