女「子供を虐待した親を何故叩くの? こんな社会では生きていられない。親だって悩んでるんだ」 

女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
突然ですが、今から約9ヵ月前、こんなニュースがあったことを覚えていますか?2014年2月25日、ある父親が逮捕されました。自分の3歳の息子を首輪で窓に繋いでいたそうです。
首輪の長さは約1メートル。鍵の高さは子どもの身長よりも高い位置にあったそうです。
男の子は身動きをとることができませんでした。

このニュースを聞いて、みなさんどのように思いますか? テレビではこんな声がたくさん流れていました。
「子どもを愛せないんだったら、最初から産むんじゃない」「父親失格だ」。

私は心が痛くなりました。傷ついている子どもを知ったことはもちろんですが、それより、過ちを犯した親に対しての社会の目はこんなにも厳しいんだ、と思ったからです。
そして、自分自身が加害者になってしまう可能性もある。その思いが私の心を苦しめました。

自分の将来に思いを馳せたとき、「私はこんな社会で生きていくことはできない」そう思いました。

私の中学時代の話をさせてください。「親は子どもを愛するものなんだよ」「お父さんとお母さんに感謝をしましょう」「命はとっても大切なものなんだよ」。優しい顔をして近づいてくる大人は、そう言いました。
そして、みんな口を揃えて、こう言いました。「今はわからなくてもね、大人になったらわかるよ」。

中学生のとき、家に帰ると、いつも同じような光景が広がっていました。床の至る所に物が散乱した部屋。
カビだらけのお風呂。洗っても洗っても山のように溜まる食器たち。おいしそうなご飯は親と兄弟のもの。
いつも私のご飯はありませんでした。ため息をつきながら掃除をしました。
よく見てみると、死んでいた状態で生まれてきた、兄の遺灰がガラクタの中に紛れていました。

中学2年生のとき、ある朝、起きたら、母は亡くなっていました。
その母の遺骨も箱に入ったまま、長いあいだ部屋の隅に放置されたままでした。
私の家では、命は粗末なものだったんじゃないか。そう思いながら、中学時代を過ごしてきました。
命は大切なものだって、ひとつだって無駄な命はないって、頭ではわかっていました。
けれども、大人たちが言うその言葉は、全部、口先だけの言葉に聞こえてしまいました。
そして、心を閉ざすようになりました。自分の感情を殺し、自分の話をしなくなりました。

この記事へのコメント