全米黒人地位向上協会の女性支部長、黒人のフリをした白人だったことが家族にバラされる

女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
全米黒人地位向上協会の女性支部長、実は白人だった 2006年頃から黒人を騙る全米黒人地位向上協会(NAACP)ワシントン州スポケーン市の女性支部長レイチェル・ドレザル氏(37)が、白人にもかかわらず長年黒人女性と偽っていたと、彼女の家族がメディアに暴露し、騒然となっている。

レイチェル氏は、イースタン・ワシントン大学アフリカ研究プログラムの非常勤講師として勤務している。また彼女は、「アメリカ内陸北西部の最も著名な人権活動家の一人」と言われている。地元紙「スポークスマン・レビュー」によると、彼女はスポケーン市警察のオンブズマン委員会の委員長で、彼女の履歴書には、白人、黒人、インド系として記載されていた。また、彼女は、アメリカに住む黒人であることについて、地元紙「インランダー」のサイト上でブログを数多く投稿している。

しかし、彼女の家族は、彼女は実はヨーロッパ系の白人女性だと明かした。彼女の子供の頃の写真には、明らかにブロンド、白人の子供が写っている。

母親のルザーン ・ドレザル氏は、「レイチェルが、ありのままの自分でいないことが非常に悲しい」と「スポークスマン・レビュー」紙に語った。また、レイチェル氏が、2006年または2007年に、家族が4人の黒人の子供を養子に迎えた頃から、黒人女性に変装し始めたことを明らかにした。

「もし、彼女がみんなに正直であったならば、アフリカ系アメリカ人コミュニティのために彼女が活動してきたことはもっと効果的だったはずです」 (後略)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/14/rachel-dolezal-naacp_n_7582132.html
現在のレイチェルさん

全米黒人地位向上協会の女性支部長、黒人のフリをした白人だったことが家族にバラされる
子供の頃のレイチェルさん

全米黒人地位向上協会の女性支部長、黒人のフリをした白人だったことが家族にバラされる

この記事へのコメント