若者の『新聞離れ』がヤバイ、読売「努力はしてる、地道にやっていくしかない」

新聞協会長に白石氏再任 活字離れ対応「地道に」
2015年06月17日17時46分 (更新 06月17日 20時16分)一般社団法人日本新聞協会は17日、東京都内で定時会員総会と理事会を開き、会長に白石興二郎読売新聞グループ本社社長を再任した。任期は2年。

白石会長は記者会見で、若者を中心に進む、新聞や活字離れに対応する必要性を強調。
「小学生や中高生向きの新聞の発刊など、努力は続けている。特効薬はなく、地道にやっていくしかない」と述べた。

また、新聞への消費税の軽減税率適用に関しては「必要な情報が安価に、手軽に手に入ることが市民社会の存立には不可欠。
われわれの主張への理解は深まりつつある」とした上で、国会議員などへの働き掛けを強める考えを示した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/176175
若者の『新聞離れ』がヤバイ、読売「努力はしてる、地道にやっていくしかない」

この記事へのコメント