嫁「娘には甘い夫にイライライライラ。私だってポップコーンを食べたい!」 

くだらないですが、夫の発言で娘にやきもち    公美子

専業主婦です。先日、テーマパークへ夫と9歳の娘と行きました。
毎年訪れている場所ですが、ワゴン販売のポップコーンを購入したことがなく、娘が「あれ食べたいなー。」とつぶやきました。
夫が「いいよ、何味がいい?」と言ってびっくりしたのは私。

だって、子供が生まれる前も、付き合ってるころからそこへはほぼ毎年行っていましたが、1度も買ったことがありません。
初めてデートで行ったときに「ポップコーン、一緒に食べようよ。」といったところ、「食べながら歩くの好きじゃないし、食べてる途中でアトラクションに来ちゃったら持って乗れないし、いらない。」でした。
小さいサイズでも、1人で食べるには多いので私は断念し、以後毎年我慢してました。

でも今回は娘が食べるなら、私も娘と一緒に食べられる!、と思ってテンション上がった私、でも娘が食べたい味が意外な味(しょっぱい系の味が食べたかったのに甘い味を希望した→甘い味が苦手な私)で思わず「えー、それすごく甘いよ!」というと夫が激怒。
「お前何勘違いしてるの?娘に買ってやるんだよ、この子はお小遣いも上げてないんだし、好きな味選ばせてやれよ、大人として恥ずかしくないのか!?そんなにくいたきゃ、自分で買えよっ。」と。

確かに言われてみればそうなんですけどね。

「付き合ってた時、1度も買ったことなかったからつい。今度一緒に食べようね。」と、すると「ふざけるなっ。」と、さらに怒らせてしまいました。
その気がなくても「そうだね」とか言ってもらえると思ったのですが、完全否定されてしまいショック。
本当にくだらないですが、ポップコーンをすんなり買ってもらえた娘にやきもちです。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0615/717559.htm?g=06

この記事へのコメント