「赤べこ」像が何者かに壊され、頭部が落下 → ツイッターで犯人が犯罪自慢「赤べこ死亡 爆笑」

駅前の赤べこ像、頭部落下…ツイッターに画像か

福島県のJR会津若松駅前に設置されている「赤べこ」像が何者かに壊され、頭部が落下しているのが見つかった。

会津若松市は16日、福島県警会津若松署に被害届を出し、同署が器物損壊容疑で調べている。

像は体長約2メートル、幅約70センチ、高さ約1メートル。市などによると、14日午前、頭部と胴体をつなぐ金具が壊され、頭部が地面に落ちているのを、近くの観光案内所の職員が見つけた。
市は針金や粘着テープで応急処置をした。市の担当者は「いたずらだとしたら本当に残念」と話した。

ツイッターには、落ちた首や胴体にまたがる若い男とみられる人物の画像が投稿されており、同署が関連を調べている。

ソース
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150616-OYT1T50165.html
関連画像

「赤べこ」像が何者かに壊され、頭部が落下 → ツイッターで犯人が犯罪自慢「赤べこ死亡 爆笑」

「赤べこ」像が何者かに壊され、頭部が落下 → ツイッターで犯人が犯罪自慢「赤べこ死亡 爆笑」

この記事へのコメント