【元少年A手記】5万部増刷決定

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
http://www.hochi.co.jp/topics/20150617-OHT1T50217.html
「酒鬼薔薇聖斗」元少年A手記、5万部増刷へ
2015年6月18日5時0分 スポーツ報知

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)による手記「絶歌」(1620円)の重版が決まったことが17日、分かった。
5万部が増刷される。殺害された児童の遺族は、出版社に回収を申し入れていたが、出版元の太田出版(東京)の岡聡社長は、この日、自社のホームページ上に、「本書の内容が、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信している」と、今後も販売を継続することを表明した。

事件当時の犯行声明で「酒鬼薔薇聖斗」を名乗った加害男性が「元少年A」として記し、出版への賛否を含め大きな反響を呼んでいる手記の増刷が決まった。

この日、発表された出版取り次ぎ大手・日販のベストセラーランキングで同書は総合トップ。情報会社オリコンの週間ランキングでも総合部門1位となった。オリコンの集計では推定売り上げ部数は約6万7000部。品切れの書店やオンラインサイトも続出しており、初版10万部に続いて5万部が増刷され、25日から順次配本される。

最近の事件では、2007年の英会話講師殺人事件で、市橋達也受刑者が1審公判中の11年に発表した手記「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」が、初版3万部、最初の増刷が2万部だった。
今回の手記はそれに比べても、大きな発行部数ということになる。
一方で、事前了解がなかったとされる遺族の心情に配慮し、販売しない書店も増えている。注文した客だけに販売する方法に切り替えた書店もある。

この記事へのコメント