「月5万円の下積み修業」は時代遅れ?店主「修業だよと。それだけ耐えられる人でないと仕方ない」

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
企業の「後継ぎ不足」が深刻だ。地方の企業や商店などを中心に、高齢になった社長が後継者不在で悩むケースが多くなっている。

2015年6月10日のNHK「ニュースウォッチ9」では、新しい後継者づくりの形「継業(けいぎょう)」を特集した。
事業を身内ではなく「赤の他人」に譲るという、これまでになかった取り組みだ。

当初は応募者に「厳しさ」求めるつもりだったが

この「継業」は、静岡商工会議所が「後継者バンク」として行っている取り組みだ。後継ぎを探したい経営者と、起業したい人のマッチングをしている。継業が実現したケースのひとつが、県内の商店街にある乾物屋だ。

70代の店主は、両親から継いだ乾物屋を守ってきた。しかし商店街では後継者不足などで、10年で約50店が閉店してしまった。自分の代で潰したくなかった店主は、商工会議所の「後継者バンク」で後継ぎを募集したという。

応募してきた40代の女性とは、最初は意識のズレもあったという。当初、店主は5年間「見習い」として、月5万円の給料で働いてもらおうと考えていた。

「修業だよと。それだけ耐えられる人でないと仕方ない。サラリーマンのように10万でも20万でも良いが、それでは商売を覚えない。それぐらいの厳しさはあって当たり前かなと思っていた」こうした「下積み」的な意識は、継業を妨げる要因のひとつであった可能性がある。同会議所では2014年4月以降に23件の引き合わせをしたが、継業が実現したのはわずか3件にとどまっている。

後継者の下で元店主が「一店員」として働くことに

それでもこの乾物屋は、結局2年で「継業」を実現したという。応募した女性が「一日も早く認められたい」と、乾物を使った料理教室やカフェなどを開いたり、facebookページで宣伝したりするなど、新しい取り組みを始めてくれたからだ。

「いずれ我々は去っていく人間。若い人たちが街を作っていく意欲が必要ですよ」新しい取り組みを軌道に乗せてあげたいと考えた元店主は、店の設備をすべて譲り、いまでは自ら一店員として店を支えている。

(以下ソース)
https://news.careerconnection.jp/?p=12808

この記事へのコメント