トヨタ女性役員、米Amazonで普通に売ってる鎮痛剤を購入し逮捕「麻薬を輸入したとは思っていません」

トヨタの米人女性役員 麻薬密輸容疑で逮捕

ヨタ自動車で女性として初めて役員に就任したアメリカ人の常務役員が国際郵便で麻薬を密輸したとして18日、麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、トヨタ自動車の常務役員で、アメリカ人のジュリー・アン・ハンプ容疑者(55)です。
警視庁の調べによりますと、ハンプ常務役員は、今月8日にアメリカ国内から発送され11日に成田空港に着いた国際郵便の小包で麻薬の成分を含む錠剤57錠を密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いが持たれています。
警視庁は税関から連絡を受けて捜査を進め、18日午前、滞在している都内のホテルで常務役員を逮捕したということです。
調べに対し、ハンプ常務役員は「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているということです。
警視庁によりますと、密輸されたと見られる錠剤に含まれていたのは「オキシコドン」という成分で、日本では麻薬に指定されていますが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われることもあるということです。
警視庁は輸入した詳しいいきさつにについて調べています。
ハンプ常務役員は、ことし4月に、日本のトヨタ自動車で女性として初めて役員に就任し、渉外や広報を担当していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150618/k10010119481000.html

この記事へのコメント