ペニオク芸人のピース綾部さん、相方の又吉さんが芥川賞ノミネートでコンビ格差を嘆く

 第153回芥川賞に著作「火花」がノミネートされたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の相方、綾部祐二が、21日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)でコンビ格差を嘆いた。

 番組準レギュラーである2人はそろって出演。番組冒頭で司会の和田アキ子から「あらっ大先生」と振られるなど、又吉の話題で持ちきりになった。

 淡々と心境を語る又吉の隣りで綾部は「ストレスが溜まる一方ですよ」と絶叫。「コンビ格差についての取材が殺到しているんです。私はアシスタントだと思ってます」と半ば諦めたような表情で語った。

 見事に芥川賞を受賞した場合は、作家としての活動が忙しくなることが予想されるが、又吉は「-おまかせ!」に出演し続けることを宣言。逆に綾部は「私は呼んでいただけるんでしょうか」と心配していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000037-dal-ent

この記事へのコメント