英紙「ワサビが世界中で大ブーム!今や英国や豪州でもワサビ栽培が行われているぞ」

日本食ブームとともに、ワサビ栽培が世界に広がっている。栽培の難しい日本のワサビを、海外の生産者が創意工夫を凝らして地元の特産物にまで育て上げ、商業的成功を収めている。

◆日本のワサビの生産は減少
ワサビは日本原産。生育には、11~14度程度の低い水温と、一年中変化の少ない流水が必要だ。広く流通しているものは水(または沢)ワサビと呼ばれ、水耕栽培される。
すしや刺身の薬味として使用されるのは、その根茎部分だ。(日本大百科全書より)。

イギリスのテレグラフ紙によれば、ワサビの需要は急増しているにもかかわらず、手間と人件費がかかることから、日本での生産規模は縮小しているらしい。
日本からの輸入物に代わり、本物を求める海外のレストランや消費者への供給元となったのが、現地のワサビ生産者だ。

◆独自のやり方で広がるワサビ栽培
イギリス南岸のニューハンプシャー州で栽培に乗り出したのが、『Wasabi Company』 のジョン・オールド氏だ。この地域は帯水層の上にあり、カルシウムに富むきれいな地下水が豊富。
この水を使い、クレソンの水耕栽培が、150年ほど前から盛んだ。ある日、この地を訪れたシェフがクレソン畑を見て、まるでワサビ田のようだと述べたことから、オールド氏はワサビ栽培を思いついたと言う。日本には行ったことがない同氏だが、クレソン畑の周りに、ワサビ田の環境を整えることに成功。今では青々としたワサビの葉が、農園を埋め尽くす(テレグラフ紙)一方、オーストラリアのタスマニアでは、十数年前からワサビ栽培が始まっている。
英BBCによれば、澄んだ水、清らかな海洋環境、化学物質を使わない牧草地が売り物のタスマニアは、ナチュラルな農産物の生産地として、近年人気を集めているという。
地元出身のステファン・ウェルシュ氏は、試行錯誤を重ね、ワサビのハウス水耕栽培に成功。
今では豪州唯一のワサビ生産者として、『Shima Wasabi』 のブランド名で、ワサビ関連製品を東南アジアにまで輸出する。
また、生のワサビは『Tetsuya’s』 などのオーストラリアの超有名レストランで使用され、生産が国内外からの需要に追い付かないほどだという(Good Food)。
http://newsphere.jp/world-report/20150607-1/

この記事へのコメント