厚労相「年金システムが攻撃を受けたと検知したらネットから遮断するシステムを導入する」

そのうえで、塩崎大臣は「厚生労働省や機構だけでなく政府全体が狙われている問題だ。
攻撃が行われたことを検知した場合はすぐに遮断し、情報が外部に出ないようにしなければならない」と述べ、個人情報を扱う組織がサイバー攻撃のメールを検知した際、自動的に外部との通信を遮断するシステムの導入を検討すべきだという考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150621/k10010122741000.html

この記事へのコメント