【速報】 「えっ、北九州に転勤? 危なくないですか」 北九州の風評被害が深刻 

一度定着したマイナスイメージを払拭(ふっしょく)するのは難しい。今はネットの時代。
人でも組織でも、ささいなことで瞬時に厳しい批判にさらされる。「ブラック企業」と名指しされた会社は、採用活動にも支障が出るだろう。

5月に東京支社から北九州本社に異動した。
取材先で転勤のあいさつをすると、ほとんどの人から「えっ、北九州。危なくないですか」という反応が返ってきた。
無理もない。ここ数年、倉庫からロケット砲が見つかったり、複数の飲食店関係の女性が顔を切られたり…。
報道のたびに「北九州って治外法権ですね」とあきれ顔をされた。

福岡県警は昨年9月から特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の壊滅作戦を進めている。
先日も脱税容疑でトップを逮捕した。
だが、どんなに警察が動いても、暴力団の活動を許容する市民が減らない限り、「暴力の街」のイメージは消せない。市民の覚悟も問われる。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/176970

この記事へのコメント