【鬼】NTT IP電話乗っ取り被害者に料金請求 「約款に従って請求している。払わないと回線を止める」

インターネット回線を使う「IP電話」が乗っ取られ、アフリカなどに国際電話を勝手にかけられて高額の電話料金を請求される問題で、利用者が国際電話の停止をNTTに先に伝えていたにもかかわらず、料金を請求された事例が10件以上あることが分かった。

NTTに連絡後、実際に止まるまでの間に外部から乗っ取られたためで、利用者は「減免を受けられないのはおかしい」と憤るが、NTTは「約款に従って請求している」としている。

「NTTの身勝手な請求なのに、『払わないと電話を止める』と通告された」。
こう語るのは、大津市で建材の販売会社を営む男性(42)だ。

男性によると、IP電話を設置した東京都内の通信機器販売会社から、IP電話が乗っ取られる可能性を知らされ、4月1日午前11時頃、NTTのサービス変更の番号「116」に電話し、国際電話をかけられない設定に変えるよう求めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150621-OYT1T50125.html
【鬼】NTT IP電話乗っ取り被害者に料金請求 「約款に従って請求している。払わないと回線を止める」

この記事へのコメント