【赤旗】学生運動・SEALDs「安倍首相に未来奪われたくない!戦争法案本当に止めるぞ!!」

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
誰にも言えない秘密の体験談
「この国の自由とか、民主主義とか、憲法とか当たり前のことを、安倍首相なんかに終わりにさせはしない。
始まってるんですよ、新しい動きは。戦争法案を、本当に止めるぞ!」。

SEALDs(シールズ)(自由と民主主義のための学生緊急行動)の学生が腹の底からしぼり出した叫びに、国会前に集まった若者たちが歓声を上げました。

19日午後7時、国会正門前。抗議行動開始まで30分、会場は静かでした。
人はまばらで、小雨が降り、長袖でも肌寒い気候。
「今日は人が少なそうだ」という予想は、みごとに打ち破られました。
数分後ふと周りを見回すと、参加者は一気に膨らんでいました。

「戦争立法絶対反対」「言うこと聞かせる番だ俺たちが」「国民なめんな」。

若者を中心に途切れることなく集まった2500人は、学生や学者のスピーチに、時には顔をほころばせ、時には怒りの表情を国会に向けながら、こぶしを突き出し、こん身の力を込め、コールしていました。

「私が、大事な大事な金曜日の夜に、なんでわざわざ交通費も時間もかけて、デートもキャンセルしてこんなところに来てるかっていうと、安倍首相に未来を奪われたくないからです」。

耳に大きなピアスをつけ、ヒールを履いた女子大学生がマイクを握ります。

「知り合いも入っている自衛隊が、日本人としてだれかをあやめてしまうかもしれないなんて、イヤ。
私は私の未来を自分でつくって守っていきたいから。これからもこうやって声を上げていく」しんぶん赤旗[2015年6月21日(日)](土田千恵)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-21/2015062103_01_1.html
戦争法案に反対して抗議の声を上げる学生や若者たち=19日、国会正門前

【赤旗】学生運動・SEALDs「安倍首相に未来奪われたくない!戦争法案本当に止めるぞ!!」

この記事へのコメント