Kickstarterで6万ドル集めたゲーム、わずか4000本しか売れず 開発会社が激怒「もうゲームは作らない」

ベルギーのインディーデベロッパー「Tale of Tales」は、最新作『Sunset』が商業的に失敗したことを公式ブログにて明らかにした。
『Sunset』の売り上げがわずか4000本程度であったことを報告しており、今後ゲーム開発からは遠のく姿勢を見せている。少なくとも商業向けゲームは手がけないという。

アート系ゲームの雄

1999年に出会い、2002年(法的には2003年)にTale of Talesを設立したAuriea氏とMichael氏
Kickstarterで6万ドル集めたゲーム、わずか4000本しか売れず 開発会社が激怒「もうゲームは作らない」
Tale of Talesはアート系インディーゲームの雄であり、過去10年以上にわたり斬新なアイディアとコンセプトを公開してきたデベロッパーだ。
優雅で情緒のあるインタラクティブなエンターテイメント作品を生み出すことを目的に、Michael Samyn氏とAuriea Harvey氏によって2002年に設立された。
死期の近い老婆がただ歩くだけの『The Graveyard』や、「赤ずきんちゃん」をテーマに6人の少女の謎めいた物語を描いた『The Path』などで特に知られる。

最新作『Sunset』は、1972年の南アメリカにおける内戦をテーマにした作品でありながらも、雇われの家政婦が主人公という独自の設定を盛り込んだ作品である。
ジャンルは一人称視点のアドベンチャーゲーム。プレイヤーは兵士でも英雄でもなく、一般人の視点で日々の仕事を通じて戦争を体感してゆく。

2014年6月にTale of Talesは、2万5000ドルの獲得を目指す『Sunset』のKickstarterファンディングを始動した。
実際のゲームプレイ映像やスクリーンショットなどは一切登場しなかったが、前述した魅力的なコンセプトのほか、過去にリリースしてきたアート系インディーゲームでの実績もあり、最終的には6万7636ドルを獲得する。
支援者の数は2228人にものぼった。開発は順調に進み、『Sunset』は2015年5月21日にリリースされた。

『Sunset』の失敗

「まちがいなく初月にたくさん売れる!」と考えていたとTale of Talesは公式ブログにて語っている。その期待とは裏腹に、セール時のものを含めた『Sunset』の初月の売り上げは、4000本を少し超える程度に終った。
この約4000本には、Kickstarterで支援者に配布した分も含まれており、Steamなどにおける実際の初月の売り上げは2000本かそれ以下と見るのが妥当だろう。

この記事へのコメント