スウェーデンには1日に1、2度仕事を止めてコーヒーを楽しむ休憩時間「フィーカ」がある

スウェーデン式コーヒータイム「フィーカ」とは
http://www.afpbb.com/articles/-/3052437
フランス人にはワインがあり、英国人には紅茶がある。そしてスウェーデン人には、甘いスイーツと一緒にコーヒーを飲む時間「フィーカ」がある。
スウェーデンはフィンランドに次ぐコーヒー消費大国だ。スウェーデン人口1000万人弱で、世界のコーヒー消費量の1%を占める。
コーヒーは朝食と毎食後に出るが、フィーカは朝食と昼食の間、昼食と夕食の間に楽しむコーヒーブレークのこと。
仕事中でも家にいても、街で買い物中でも山でハイキング中でも、すべての人の日課にほとんど聖域といえるほど組み込まれている。
スウェーデン人にとってフィーカは、オフィスの冷水器の周りにたむろすることや、フランス人がカフェで友人とエスプレッソを飲むこととは比べ物にならない。
スウェーデンでは、人々がフィーカのためにすべてを止める。少なくとも1日1回。2回のときもある。
4月に米国で出版された『フィーカ?スウェーデン式コーヒーブレイクの醍醐味(Fika: The Art of the Swedish Coffee Break)』という本には「フィーカのない生活なんて考えられない」と書かれている。
著者はスウェーデン人のアンナ・ブローネス氏とヨハンナ・シンドバル氏。「フィーカは休むためのすべでもある」とブローネス氏はAFPに語る。
単にコーヒーを飲んでケーキをつまむこと以上に、ペースを落とし、日々の計画や繰り返しから離れて休むことなのだ。
スウェーデンでコーヒーが飲まれ始めたのは1685年。1800年代には広く飲まれるようになった。このコーヒータイムが毎日の習慣として定着したのがいつかは分かっていないが、「フィーカ」という言葉が使われ出したのは、1913年だ。スウェーデン語の「カフィー(kaffe)」の「カ」と「フィー」を逆さにしたのだといわれている。

■フィーカでミーティング要らず
フィーカはまた職場でも自然な光景だ。同僚とマグカップ片手におしゃべりするために仕事を中断しても、さぼっているとは思われない。
「仕事中に休憩をとっても能率が下がらないことは研究で示されている。実際の効果はその反対だ」とリンショーピング大学のビベカ・アデルスワル名誉教授はいう。
「こうしただんらんから仕事の能率は上がる」

この記事へのコメント