【画像あり】新国立競技場のデザイン見直し

槙氏が提唱する新国立競技場のイメージ。屋根は客席部分のみを覆う形で設置する
【画像あり】新国立競技場のデザイン見直しキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
整備計画の見直しが続くザハ案の新国立競技場(日本スポーツ振興センター提供)下村博文文部科学相(61)は22日の記者会見で、建築家・槙文彦氏(86)らのグループが示した新国立競技場のデザイン見直し案に関し「前向きな提言であり、謙虚に耳を傾けた上で最終判断したい」と述べ、一部意見を取り入れることも検討する考えを示した。
下村文科相はこれまでゼロベースでの見直しについて否定的だったが、初めて前向きな姿勢を示した。
「1週間くらいで最終決定しなければならない」と話し、新国立競技場の整備問題が月内にも決着する見通しも示した。

下村文科相は会見で自発的に建築家の槙氏の名前を挙げ「最初から決まっているから、聞く耳を持たないということではない。
いろんな方々から(ラグビーW杯に間に合うという)前向きな提言をもらっている」と述べた。

槙氏のグループからは、屋根を支える2本の巨大なキールアーチ構造が巨額の建設費と工期の長さにつながっていると指摘されており、「前向きな提言であり、謙虚に耳を傾けた上で受け止め、最終判断したい」と述べた。
ただ「(現在のデザインを)白紙にして全部やり直すわけではない」とも話した。

これまで、下村氏は、ザハ・ハディド氏が提案した従来のデザインを踏襲することにこだわっていた。
しかし、複数の政府関係者によると、政府、文科省幹部と槙氏のグループが今月中旬頃、都内で極秘に会談した。
会談の中で槙氏らはこれまでの意見を書面でまとめ、提示した。
提言では、監修者としたザハ氏との契約を解除し、施工者を維持した上で「ゼロから設計を行うべきだ」と指摘。
一般論として特殊なデザインの場合、予算の関係で再現が難しくなり、建設を断念したケースがあることを伝えた。
http://www.hochi.co.jp/topics/20150622-OHT1T50234.html

この記事へのコメント