「コスプレイヤーは風俗店で働いてる子が多い」 現役レイヤーが明かす“コスプレの裏の世界”

「コスプレイヤーって夜の仕事をしている子が多いんです」 現役レイヤーが明かす“コスプレの裏の世界”はじめまして。もうすぐ三十路な女性・現役コスプレイヤーの美波レイ(仮名)です。
コスプレにハマって早1X年経つのですが、長いことやっていると、楽しいことだけじゃなくて、“コスプレの闇”なんてものに遭遇することもしばしば。
この記事ではそんなコスプレの裏の世界をこそっとお伝えしていきます。
今回は、“コスプレイヤーの中には夜のお仕事をしている子も多い”という話。
その話をするために、まずは私とコスプレの出会いをお話しさせていただきます――(中略)
そんなこんなで社会人5年目を迎えた私は、気がつけばコスプレ歴1X年目に突入。
今は一人暮らしをしているため、本業のほかに夜はスナックでアルバイトをして、コスプレ費を捻出しています。
実はコスプレイヤーさん、夜の仕事をしている人が本当に多いんです。
私の場合はそのキャラのコスプレをするのに資料としてCDやキャラグッズに至るまでを網羅する必要があるので夜も働いていますが、コスプレ写真集やROMを出している友人はその衣装代などもバカにならないので、ガールズバーで働いていたり。つまるところ、好きなことを続けるのにはお金が必要なんですね……。
ガールズバー勤務のレイヤー友だちに聞いたのですが、お店でクリスマスイベントを開催した際、自作衣装を身に纏って明らかにポージングが上手い子が数名いたとか。
話を聞くとその子たちもみなコスプレイヤーだったそうです(笑)。
ちょっと前にNHKでコスプレスタジオを取材していたのですが、”コスプレイヤーの闇”みたいなことが描かれてたんです【註:4月17日放送『ドキュメント72時間』(NHK) 「コスプレ専用ビル 彼女たちの夢の城」】。あれ、あながち間違ってないんですよね……。
お金も時間もかかる趣味だし、やっぱり女なので将来のこととか考えると不安になります。でも辞められないという悪循環……。
大人になってただ単純に楽しむだけでは居られなくなったというか、ある意味、コスプレという呪縛に囚われているなと、自分でも怖いなと思いつつ、また週末にはコスプレするんですけどね(笑)。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010001-otapolz-ent

この記事へのコメント