【アニメ】汚れた声優界の裏側暴露!枕営業強要・アダルトアニメで下積み・大御所Mにゲイ疑惑!!

2011年に東京ドームでコンサートを行った水樹奈々を筆頭に、今や声の仕事だけではなく、多岐にわたる活躍を見せる声優。

アニメファンの中にも、キャラではなく声優本人のファンを公言する層が現れるなど、まさに新たな花形職業として注目されているが、華やかな世界の裏には闇が広がっているのが世の常である。
声優界のダークな部分を見てきたという元声優の女性・Uさんは、その悲惨さをこう訴える。

「私はもともとアニメが好きで、それが高じて声優を目指しました。養成所に通い、幸運にもそのまま事務所に所属できたのですが、もらえる仕事は『がや』と呼ばれる、街中の雑踏や学校内の声といった効果音のような役ばかりで、ギャラもめちゃくちゃ安かったです。それだけではとても生活できないので、水商売をはじめ、いろいろなバイトに明け暮れました」

本業だけでは食っていけず、バイト三昧の日々。売れない役者などからもよく聞く話だが、声優界にはそんな人のための救済処置のような仕事があるという。

「初めて『がや』以外の仕事をゲットしたのは、いわゆるアダルトアニメでした。もともと、アダルトアニメで声優が修業するというのはよくある話で、有名な声優も下積み時代に出ていたりします。それで、私は普段とは違う芸名でアダルトアニメの仕事を多くこなすようになりました。それでも、まだ声優の仕事だけでは生活できませんでしたが、だいぶ収入が増えてうれしかったです」(Uさん)

芸名を変えて、アダルトアニメに出演する。
役者であれば、芸名を変えてアダルトビデオに出演しても顔でわかってしまうため、声の仕事ならではの事情といえる。
そうやって、着実にキャリアを積んでいったUさんだが、衝撃的な出来事に遭遇してしまったという。

Business Journal[2015.06.24]
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10485.html

この記事へのコメント