広島の原爆資料館の入場料4倍に 広島市「バランスを考慮」

広島市は23日、原爆資料館(広島市中区)の入館料の値上げを検討していることを明らかにした。値上げの時期や金額は未定だが、大人(大学生以上)200円の長崎原爆資料館(長崎市)との「バランスを考慮したい」と説明しており、大人50円の入館料は4倍程度になる見通し。

値上げが実施されれば、大人20円から現行の50円とした1972年以来。
現在30円の高校生と高齢者(65歳以上)についても長崎の100円と同程度に引き上げられるとみられる。中学生以下の無料は継続する方針。

増収分については、青少年の交流事業や、被爆建物の保存に向けた支援に充てる方向で検討しているという。

広島原爆資料館の昨年度の総入館者数は131万4091人。世界最大の旅行情報サイト「トリップアドバイザー」では、外国人に人気の観光地として2012、13年は1位、14年は2位に選ばれている。
http://mainichi.jp/select/news/20150624k0000m040096000c.html

この記事へのコメント