国の税収、54兆円に 21年ぶり高水準

国の税収、54兆円に 21年ぶり高水準

2014年度の国の一般会計の税収額が、約54兆円にのぼることが25日、明らかになった。
消費税率を8%に引き上げて税収が増えたうえ、企業業績が好調で法人税収も増えた。
54・1兆円を記録したバブル崩壊後の1993年度以来、21年ぶりの高水準になる。

税収額は財務省が今年1月時点で見積もった51・7兆円を上回り、消費税率を5%に上げた97年度(53・9兆円)も超えた。

13年度と比べると7兆円の税収増で、半分強は消費税率引き上げによるものだ。
さらに、円安で企業収益が上向き、法人税収は1月時点で見積もった10・5兆円から上ぶれした。
さらに株式市場の活況を背景に、個人による株式の売買や配当で得たもうけにかかる所得税の収入も増えた。
http://www.asahi.com/articles/ASH6T6502H6TULFA03L.html

この記事へのコメント