SFC時代の「任天チェック」 メーカーが任天堂に土下座する儀式 この恨みによりPSに負けたとのこと

MyoyoShinnyo (こなたま(CV:渡辺久美子))

任天チェックとは、ファミコン/スーファミ時代にゲームを開発した企業が任天堂本社へお参りし、「任天堂様、下賤な私共の開発いたしましたこれなるゲームソフトを認可し、何卒生産ラインを割り当てていただけませんでしょうか」と伏して願い奉る儀式であるMyoyoShinnyo (こなたま(CV:渡辺久美子))
コナミやナムコといったメジャーなメーカーだと、任天チェックはただの接待であり、社長室へ通されて一通りゲームを披露した後「ガハハ、それじゃ50万本作るかドーンと」みたいな話で終わるMyoyoShinnyo (こなたま(CV:渡辺久美子))
これが社員百名未満の小規模ゲームメーカーや零細ソフトハウスだと、1階の応接スペースでパイプ椅子ならべてさんざんダメ出しされた挙句に、数千本とか……
目
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

この記事へのコメント