明治政府が実は神社を破壊しまくっていたという事実 三重では9割の神社が消滅

不倫について調べてみた
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ

絶対会える究極のアプリ

Best mate アプリ
ハッピーメール アプリ

人気の大人のゲーム

ポーカー倶楽部~部淫募集中~
神乳×降臨 ぷるるんヴァルキリーズ
ヒロイン絶滅計画
ぜったい征服☆学園結社 パニャニャンダー!!
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
誰にも言えない秘密の体験談
◇文化審答申 熊楠が保護訴え

国の文化審議会が19日、文部科学相に行った答申で、県内からは、世界的な博物学者・南方熊楠(1867~1941年)が神社合祀による自然破壊からの保護を訴えた紀南の13か所が、「南方曼陀羅まんだらの風景地」の名前で、名勝指定される見通しとなった。
http://www.yomiuri.co.jp/local/wakayama/news/20150619-OYTNT50247.html
神社合祀

神社合祀政策は1906年(明治39年)の勅令によって進められ、全国で1914年までに約20万社あった神社の7万社が取り壊された。特に合祀政策が甚だしかったのは三重県で、県下全神社のおよそ9割が廃されることとなった。
和歌山県や愛媛県もそれについで合祀政策が進められた。主に明治時代末期に行われたものをさす。

氏子・崇敬者の側としては、反対集会を開くこともあったが、主として大きな運動もできず、合祀によって廃された神社の祭神が祟りを起こしたなどと語る形でしか不満を示すことはできなかった。
とはいうものの、この合祀政策は、博物学者・民俗学者で粘菌の研究で知られる南方熊楠ら知識人が言論によって強い反対を示した。

南方は、合祀によって①敬神思想を弱める、②民の和融を妨げる、③地方を衰微する、④民の慰安を奪い、人情を薄くし、風俗を害する、⑤愛国心を損なう、⑥土地の治安と利益に大害がある、⑦史跡と古伝を滅却する、⑧天然風景と天然記念物を亡滅すると批判した[1]。

こうした反対運動によって次第に収束して、帝国議会での答弁などを通して、1910年(明治43年)以降には急激な合祀は一応収まった。
しかし、時既に遅く、この合祀政策が残した爪跡は大きく、多数の祭礼習俗が消えてしまい、宗教的信仰心に損傷を与える結果となった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%90%88%E7%A5%80

この記事へのコメント