お前ら「車が高すぎる 30万なら買う」 → 29.8万円の新車が日本で発売開始 税金も格安

公道走行可能な1人乗り50ccジープ

自動車運転免許証を取る前も、取った後も、乗り物好きが気になって仕方ないのが、ミニ自動車。
電動またはエンジン付きのミニ自動車はいくらか存在するが、今回紹介するミニジープは、ひと味違う。“ジープ”のかたちをした1人乗り原動機付き自転車で、公道走行が可能と聞くと、大いに気になる存在ではなかろうか。

発売元のジャプテックは、2013年からミニカー登録で公道走行が可能な「リトルフォース」を販売している会社。そのモビリティ部門トライクファクトリーから5月31日に発売された新作が「ビッグフォース」。50ccの空冷単気筒エンジンを搭載し、最高出力3.35kW(4.5ps)を発生するミニジープだ。

トランスミッションはセミオートマで、クラッチ操作は不要。シフトは下からリバース、ニュートラル、1速、2速、3速とチェンジする。燃料はレギュラーガソリンを使用する。サスペンションもついて車重は150kg。

価格は29万8000円。オプションカラーの迷彩は2万円高となる。なお登録は原動機付き自転車だが、運転には普通自動車免許が必要となる。

お前ら「車が高すぎる 30万なら買う」 → 29.8万円の新車が日本で発売開始 税金も格安

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20150626-10225888-carview/1/
http://scooter.co.jp/archives/product/bigforece

この記事へのコメント