外国人が好きな和食上位がラーメンカレー餃子となり、果たして本当に和食が好かれているのか疑惑浮上

ラーメンは和食と考える日本人は少ないだろう。カレーライスやギョウザも同様だ。
その一方で、これらのメニューが常に、外国人が日本に来て食べたい
「日本の食」(Japanese Food)の上位にランクインすることも事実である。この認識のギャップは、やがて外国人のお客様からのクレームに繋がるかもしれない。

タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は今年5月、日本在住の112人の外国人に向けて『日本の食文化に関する意識調査』の結果を発表した。この調査の中で「自分の国の人におすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」という項目があるのだが、寿司や天ぷらを押しのけてラーメンが1位となったことが話題になっている。「ラーメンは和食か」という議論につながるからだ。

実はラーメンだけではない。今回の調査では、5位に「カレーライス」、6位に「ギョウザ」がランクインしており、上位10品目のうち3つがいわば「外来種」である。この質問が「おすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」であることから、外国人はこれらのメニューをまぎれもなく「日本食」と認識していることがわかる。
 
日本人の感覚からすると、ギャップを感じる人も多いだろう。実際に「ラーメンやカレーライスなどは和食か」は、和食がユネスコ無形文化遺産に登録される前後から、しばしばホットな議論ないし論争のテーマとなってきた。

ちなみに、辻調理師専門学校などを運営する辻調が2013年に」全国の20代~60代男女に対して行ったインターネット調査によると、「以下のメニューを『和食』だと思いますか」の設問に対し、ラーメンやカレーライスを「和食ではない」と答えた人は7割以上、焼き餃子については8割以上だった。

なお、ユネスコで登録された「和食」は、「日本の食文化」としての和食であり、一汁三菜、おせち料理などの伝統食などがこれに含まれる。ただし必ずしも特定のメニューを指したり除外しているわけではない。つまり「和食」がどこまでのメニューを含むかどうかについて何かしらの判断基準があるわけではない(国もあえて基準を出さず、むしろ日本の食を広く発信していこうというスタンスである)。
http://tiiki.jp/news/01_news/2676.htm

この記事へのコメント