車を買いたいが初めてで作法が分からない ディーラーにはスーツ着ていった方がいいのか?

6月は終わりが近づき、2015年は早くも折り返し地点に差しかかった。楽しい夏休みも近づいてきた。
ボーナスも間もなくということで、帰省シーズンに向けて新車の購入を検討している人も少なからずいるだろう。

ディーラーで自分の望む仕様を選ぶとすると1ヶ月以上待たされることも往々にしてあるので、お盆に間に合わせることを考えれば、車両購入のタイミングは7月頭がタイムリミットというところだ。

先頃トヨタが発表したデータによると、すでに『アルファード』『ヴェルファイア』といった人気モデルは9月以降の工場出荷とのこと。
ホンダ『S660』も供給が需要に追いついていない状態。マツダ『ロードスター』やホンダ『ステップワゴン』といった人気の新型モデルも、夏休み前の納車を検討するならすぐにでもディーラーに問い合わせる必要がありそうだ。

ただ、仕様に特別なコダワリがないのであれば、店頭の在庫車を選ぶという方法もある。
トリムレベルやメーカー(ライン装着)オプションは後からの変更がきかないが、その分価格が低く抑えられており、値引きを引き出しやすい。
浮いたお金はナビゲーションやドレスアップといった付加価値の部分に回すという手もあるだろう。
軽自動車の場合はさらに、未使用車という位置づけですでに登録済みの車両が店頭に並んでいるケースも多い。
http://response.jp/article/2015/06/27/254377.html

この記事へのコメント