『デジタル音楽の行方』から10年経って

『デジタル音楽の行方』から10年経って

ワタシ自身が最も音楽を聴くのは、自室におけるパソコンでの作業中ということになり、そこで聴けるのが一番大事なのです(外出時は、iTunes にリッピングしたライブラリのシャッフル再生で事足りる)。そして主に洋楽リスナーであり、アルバム単位で聴くことが多く――と書いていて、自分自身の嗜好性が音楽愛好者としてマイナーに属することに気付かされます。
http://wirelesswire.jp/2015/06/32173/

この記事へのコメント