大山のぶ代「えっ・・・私、認知症なの・・・?」 テレビ番組を見て自分が認知症だと知った模様

大山のぶ代さん「徹子の部屋」を見て、自身の認知症公表を知り…

最初のうちは認知症だと分からず、治ると思っていたんです。倒れて1年後にテレビ番組「徹子の部屋」に出たときは、言葉は少なくてもきちんとしゃべっていました。
ただ、リハビリをしたがらなくなった。入浴もしたがらず、彼女は「入った」というけれど入っていない。歩かなくなり、寝ていることが多く、また脳梗塞かと心配になって調べてもらうと、診断はアルツハイマー型認知症。平成24年の秋でした。
彼女が公表を知ったのは、6月12日放送の「徹子の部屋」で僕がしゃべっているのを2人で見たときだと思います。「何でこんな大げさな」と。僕が「分かってもらった方がいいし、よくなってきた気がする」と言うと、彼女は「頑張る」と答えました。
http://www.sankei.com/premium/news/150628/prm1506280018-n2.html

この記事へのコメント