百田尚樹「これは私の作戦勝ち!この騒動で一番イメージが落ちたのは朝日新聞だからだ」←ついに壊れた

自民党若手議員による、報道機関に圧力をかけるような発言がくすぶっている。衆院平和安全法制特別委員会は29日、安全保障関連法案の一般質疑を実施したが、民主党など野党は、同問題への攻勢を強める構えなのだ。
自民党内にたまる不満。こうしたなか、勉強会の講師だった、作家の百田尚樹氏が発言の真意を明らかにした。

「大変残念な事態だ。こうした事態に至らないため、何かできなかったのかとの思いだ」自民党内にも、谷垣執行部の処分や、若手議員らのテレビ出演の「許可制」方針に、「党内で言論の自由も民主主義もなくなってしまう」(若手議員)と批判がある。

一方、勉強会に講師として出席した百田氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」とした自身の発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と主張した。

抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報には、「私の(勉強会での)話を聞いていない。伝聞を元にして抗議声明もへったくれもない」といい、「朝日新聞が喜んで載せて。人にいわせて書くという汚い新聞なんです」

『こんな新聞読んでられへん』と多くの人が思ったときに、発信元はつぶれる」などと語った。
http://news.goo.ne.jp/article/fuji/politics/fuji-plt1506290001.html

この記事へのコメント